35歳、独身の友達は婚活の愚痴ばかり。正直、会いたくないんだけど…

35歳独身の女友達の「婚活がうまくいかない」話が重いんです…。

晩婚化が進み、生涯未婚率も年を追うごとに高くなっています。

それでも、なんとか30代のうちには結婚したいという声も多く聞かれます。

しかし「婚活うつ」なんていう言葉ができるほど、結婚できずに悩む人が多いのが現状。

婚活の愚痴ばかり話してくる友達に、既婚者の自分はどう対応したら良いの?と、巻き込まれて悩む人のために、対応策を考えてみました。

愚痴を言うのは自信がないから?

女性は年齢を重ねると、どうしても婚活市場での人気が落ちるのが常識のようです。たとえ仕事を頑張って成果をだしていたり、人間的に素晴らしかったりしても、年齢や見た目だけで選別されるという話を聞くと残念に感じますよね。

たくさんの人と会っても一向に結婚相手として選ばれないのでは、それは自尊心が傷つくでしょう。友達が傷ついていたら愚痴を聞いてあげたいと思うし、励ましたくなります。

Image by Public Affairs from Pixabay

でも、婚活の愚痴を言ってくる人たちは、仕事がうまくいかなくて結婚に助けを求めていることが多い気がします。経済的な不安から、結婚しようと思うんですね。

そのこと自体は悪くないと思います。ですが、仕事が充実していないところへ婚活でも成果がでなければ、自信や余裕をどんどん失っていってしまいます。

聞いてくれる友達に愚痴を言うしか、発散する方法がないのかもしれませんね。

何を言っても反発されるみたい。私が悪いの?

確かに、一生懸命メイクを研究して服を選んで、ニコニコ感じ良くふるまって、と頑張っているのに一向に結婚が決まらなければ、そりゃ疲れるでしょう。愚痴の一つも言いたくなる気持ち、わかります。

でも、中には相手の気に入らない点をあげつらい、自分でチャンスをつぶしているケースも見られます。

Image by Gerd Altmann from Pixabay

「私は普通の人で良いんだけどね。結局、婚活市場に出る人なんて、ロクな人がいないのよ〜」と、自分のことを棚に上げて、分かったような事を言う友達もいました。

しかし、誰だってパーフェクトではありません。もちろん自分だって欠点だらけです。

「互いの欠点を補って助け合うのが結婚なんだから、もう少し相手の条件の幅を広げたり、しばらく付き合って良いところを探したりしてみては?」

なんていうアドバイスをしてみても、どうも婚活中の女友達には届いていないようです…。

挙句の果てに「あなたには分からない」とか、「主婦は良いなあ」とか言われます。

どういうわけか、旦那の愚痴を言っても「そんなの良いじゃん」と軽く取られたり、「こっちはそんな不満も持てないのよ」と文句を言われたり。

既婚者だって経済的に楽とは限らず、義実家やご近所、ママ友とのトラブルを抱えることもありますよね。独身の実家住まいに戻りたいよ、と羨ましくなることもあるんですけど…。

既婚者もそれなりに大変なんですが、聞いてあげないと駄目?

婚活疲れの女友達の愚痴を聞いてあげても、こちらの愚痴は受け止めてもらえない。

そんな風に思うようなら、その友達との関係は末期なのかもしれません。

落ち込んでいる友達は励ましたいけど、愚痴を聞いてあげているこちらの気持ちを配慮してくれないなら、もう友達ではないのかも…。こちらの心まで沈んでしまうなら、思い切って距離を置くのも良いと思います。

自分にも家族やキャリアなどの大事なものや、老後の心配など、抱えているものがたくさんあるでしょう。

愚痴ばかりで出口を見つけられない友達とは、きっぱり疎遠にさせてもらい、笑って毎日を過ごすことの方が大切です。

いつか友達が(結婚するにしろ、しないにしろ)落ち着いて、また楽しい関係に戻れることを祈りましょうね。

スポンサードリンク