『キャプテン・マーベル』の秘密や裏話が知りたい!海外発のトリビア5選

スポンサードリンク

『キャプテン・マーベル』をもっと楽しむために知りたいこと

2019年公開のマーベル・スタジオの映画『キャプテン・マーベル』。

1本の映画としてはシンプルですが、『アベンジャーズ』シリーズの伏線としての側面があるだけに、『アベンジャーズ』の歴史や細部を知らない(もしくは忘れている^^;)と疑問に思う部分もあります。

また、知っておくとストーリーがより面白くなる裏話も見つけたので、5項目にまとめてご紹介します。

海外のニュースやファンブログで話題になっている情報を集めたので、日本のネット情報にはないこともあるかもしれません!?

1. 一番人気キャラ!?猫のグースの名前の由来や役者猫

『キャプテン・マーベル』で主役のキャロル・ダンバースやニック・フューリーを差し置いて注目を集めたのが、猫のグース(Goose)

フューリーがアイパッチを着けている原因であったり、ストーリーのカギになるアイテムを飲み込んだりと大活躍!

このトラ猫ちゃんが可愛いとネットでは大騒ぎ。

こんな動画↓も人気ですが、1時間近くあるので、猫好きさんは没頭しすぎに注意です!

グースがたっぷり観られる動画はこちら!

ストーリーとは関係ありませんが、グースはメス猫です。

映画でグースを演じたのはリジー、リッツォ、ゴンゾー、アーチーの4匹。顔やCGの元になったのは主にリジーだそうです。

リジーは他の映画にも出演したことがある、経験豊かなアクター猫なんですよ!

グースの名前の由来は映画『トップガン』!

グースという名前は、1986年公開の大ヒット映画『トップガン』の中のキャラクターから取られています。

(トップガンと言えば続編が話題です。こちらも良かったら読んでみてください!)

主人公マーベリックの同僚パイロットだったニック・ブラッドショーの愛称グースが元になったそうです。

これはキャロル・ダンバースが80年代の空軍パイロットだった経歴に関連しています。

参照 https://mashable.com/article/captain-marvel-cat-goose.amp/?europe=true

2. 猫が飲み込んだ四次元キューブの正体

可愛いグースちゃんの正体は猫ではありません。

実はタコ…いやいや、エイリアンです!

フラーケンというタコ足のような口を持つエイリアンが彼女の正体。

https://twitter.com/realZeldaLondon/status/1182019720733585408

タコのような口で飲み込んだのが、4次元キューブ(テッセラクト、Tesseract)。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でヴィランのサノスが探していた6個のインフィニティ・ストーンのひとつ、スペース・ストーンを内包しているアイテムです。

『キャプテン・アメリカ』や『マイティ・ソー』にも登場しています。

『キャプテン・マーベル』では、ローソン博士(マー・ベル)が超光速エンジンを作るためのエネルギー源として使用していたパワフルなストーンのため、クリー人から狙われます。

それを飲み込んで隠したのが猫…いや、フラーケンのグースだったのです。

3. ブリー・ラーソンは猫アレルギーだった

フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンとは仲よさげ(?)な名コンビだったグースですが、キャロル役のブリー・ラーソンとはうまくいきませんでした。

なぜなら、ラーソンは猫アレルギーだったので、実際にはグースと絡めなかったのです。

キャロルとグースが一緒にいるシーンはCGや猫のパペットで乗り切ったとか。

この映画に備えて厳しいトレーニングを積んだというラーソンも、猫には敵わなかったんですね!

参照 https://www.bbc.co.uk/newsround/47428676

4. 初代キャプテン・マーベルは男性だった!キャロルには別名もある

コミックでは当初、キャプテン・マーベルは男性のスーパーヒーローでした。

キャロル・ダンバースはその相手役的な位置づけで登場した女性でしたが、ある事件がきっかけでキャプテン・マーベルの力を受け継ぎます。

1977年にコミック『ミズ・マーベル』の主役として登場し、アベンジャーズやX-MEN達と絡んで活躍し始めました。

バイナリィ(Binary)、ウォーバード(Warbird)という別名もあります。

時代の変遷とフェミニズムの進歩とともにキャロルも進化し、遂にマーベル最強のヒロインになりました。

ちなみにキャロルのフルネームはキャロル・スーザン・ジェーン・ダンバースです。

5.「キャプテン・マーベルは強すぎてずるい」と言われる理由

地球人とクリー人の完璧な融合体であるキャプテン・マーベル(キャロル・ダンバース)には、下記のような他のヒーローを卓越する能力が備わっています。

  • 空を飛べる
  • 指先で火をつけることができる
  • 光の約6倍のスピードで空を飛べる
  • 放射エネルギーで爆発を起こせる
  • 常人を超える強靭さ、スタミナ、耐久性を持つ
  • セブンス・センス(第七感)がある
  • 電力など外部のエネルギーを吸収することができる
  • 力とエネルギーを増幅させることができる
  • 条件次第では92トンまでの重さに耐えられる
  • 毒物等にも耐えられる

さらに、バイナリィと呼ばれていた時代には、「ホワイト・ホール」のエネルギーを操作することにより恒星エネルギーや電磁スペクトル、重力、熱量を操ることができたそうです。

書いていても「何がなんだかわからない」ほどのスーパーパワーですね(^^;)。

そしてさらに「これが限界ではない」という説もあるそうで、全宇宙でこれ以上強いものは存在しないでしょう。

『アベンジャーズ』終盤に登場して、それまでアイアンマンやソー達が苦戦していた敵・サノスを簡単に倒すほどの強さに、「今までの苦労はなんだったの?」と脱力する観客が大勢でました。

それが「強すぎて反則レベル」と言われる所以なのでしょうね。

最強ヒロイン、キャプテン・マーベルを楽しもう!

今回は『キャプテン・マーベル』のトリビアや裏話をご紹介しました。

マーベル最強の彼女も、この映画の中では当初自分の力を100%開放できず、もやもやしています。

しかし、次第に自分を取り戻していく姿に共感する声も多いとか。

今回の記事が、そんな彼女の物語を楽しむ参考になれば幸いです。

もちろん、猫のグースの可愛い姿も楽しんでくださいね!

【関連記事】【ネタバレあり】キャプテン・マーベルのあらすじ・解説と辛口感想!ブリー・ラーソンの魅力にも迫る

スポンサードリンク