『ミッドサマー』観ちゃった!あらすじ解説&考察(ネタバレちょっとあり)

スポンサードリンク

映画『ミッドサマー』はどう観る?そもそも観るべき!?

『ミッドサマー(Midsommar)』は2019年公開のアメリカ映画です(スペルはスェーデン語によるものと思われます)。

監督はアリ・アスター。2018年の長編映画『ヘレディタリー/継承』で絶賛を浴びた、才能あふれる若手監督です。

ネットで「怖い」「怖くない」、「名作だ」「迷作だ」と評価が分かれてますね。

『ヘレディタリー/継承』で、アリ・アスター監督のシーン作りの上手さ、ツイストの効いたストーリー展開のすごさなどに感心し、「次回作も絶対観る(コワイけど)!」と思ったクチの私は、迷わず『ミッドサマー』も観ちゃいました。

文句なしに恐ろしかった『ヘレディタリー/継承』と違い、思わず「なんじゃこりゃ!」と笑ってしまうシーンもあるため、これはブラック・コメディなのか?それとも明るいホラーなのか!?と迷います。

ただ、後からジワジワと忍び寄ってくる怖さがあるのは確かです。

観ようかな〜、どうしようかな〜と迷っている人に向けて、ネタバレしない範囲で感想やあらすじ解説、キャスト紹介などしてみます!

まずは予告編!動画はこちら

謎と伏線だらけのあらすじを解説*基本ネタバレなし!

ストーリー的には、かなりシンプルで王道ホラーの道を辿っていると思います。

私もですが、1973年の映画『ウィッカーマン(The Wicker Man)』(2006年にニコラス・ケイジ主演でリメイク)を思い出した人は多かったようです。

ただ『ヘレディタリー/継承』と違い、怖いシーンを見せるのがあくまで一瞬だったり、北欧神話に関する知識がなければ分からない内容だったりと、細かい部分で「??」となるシーンが多くありました。

伏線も多いのですが、回収されずに終わってしまうものも…。

そんなわけで、鑑賞後にネットで調べて「そうだったのかー!」と思った部分も含めて、ネタバレにならない程度に書いてみます(軽く、バレちゃうところもあるかも…?)。

【ここから3分解説】始まりはヒロイン・ダニーの悲劇から

とある事件で、家族を一度に失った主人公の女子大生ダニー。

彼氏のクリスチャンは優しいけど、ダニーの背負う悲しみを支えきれるほど、大人ではありません。2人はケンカばかりしています。

そんな中、人類学を学ぶクリスチャンの友人ペレの故郷、スウェーデンへの旅行に、ダニーも行くことになります。

総勢5人の大学生が着いた先は白夜で夜も明るい、美しい土地。

素朴な人々のコミュニティで、同じように訪れていたイギリス人カップルとも親しくなり、珍しいお祭り見学に時を過ごす仲間たち。

ペレは、クリスチャンがすっかり忘れていた(!!)ダニーの誕生日をこっそり祝ってくれるなど、天使のようにダニーに優しくしてくれます。

現地の少女マヤがクリスチャンに興味を示したり、お調子者のマークが別の少女と良い感じになったりと、青春映画的な要素も含んだ、大学生の休日が続きました。

ジョシュ(後からクリスチャンも)は卒論の題材にするため、このコミュニティの風習を学びます。

今年の夏至祭は、「90年に一度」の特別な祭り。その最初のクライマックスを迎え、ゲストたちはショッキングな光景を目にすることに…。

一人ずつ消えていく仲間たち

それからは、イギリス人カップルのサイモンとコニー、マーク、ジョシュと、どんどん姿を消していきます。この辺りはホラー映画のセオリー通りですが、土着の信仰と相まった「訳の分からなさ」や、自分たちの常識とはかけ離れた世界観が怖さを増しています。

この部族は、「命の再生」について独自の考えや教えを持っていました。

隔離されたコミュニティを健康的に維持するため、時おり外部から「新しい血」を入れる必要があります。それが90年に一度のお祭り。部外者たちは「ハーメルンの笛吹き男」的な役目を持ったペレたちにいざなわれたのです…。

Image by WikiImages from Pixabay

偶然なのか謀略なのか、ダニーはその年の「メイクイーン」に選ばれ、皆から祝福されました。

そして夏至祭の真のクライマックス。ある「役目」を済ませたクリスチャンと、重要な決断を迫られるダニーの運命は…?

爆笑シーンから恐怖のどん底まで、カタルシスを運んでくるラスト!

終盤は、思わず笑ってしまう極端なシーン、そしてがっつりホラーな終わり方をします。

これはブラック・コメディなの?と思った途端に、いやいや、明るいホラーだ!と思わせられました。

この映画の不気味な点のひとつは、ホラーと言えば夜なのに、明るいシーンが多いこと。あっけらかんと明るい太陽、美しい花々、白くて美しい衣装…。

明るいって、実はコワイんだと思わせられます。

観た人限定!公式サイトの解説シーンは必見

ネタバレになっちゃうので書けないことがたくさんありますが、見た人は、公式サイトの「観た人限定・完全解析ページ」をぜひ読んでください。そ、そうだったんだ…!とひざポンな知識を得られますよ!

このサイトの右下から入れます↓

映画『ミッドサマー』公式サイト

DVD発売・レンタル開始はいつ?配信は?

映画の後で解説サイトを見たら、もう1回観たくなってしまうこと間違いありません!

なお、日本でのDVDの発売とレンタル開始は、2020年9月9日だそうです。

Amazon Prime VideoやU-NEXTなどの動画配信サービスでは、6月17日から行われているとのこと。

【余談&裏話】実話が元?テーマになった民間伝承とは

ミッドサマー』のテーマは、『夏至祭』という実際の伝統行事であり、お祭りです。

6月下旬の夏至の頃、メイポールという柱を立て、周りを踊って短い夏のスタートを祝います。「スウェーデン式盆踊り(!?)」でしょうか。

Image by Corina Selberg from Pixabay 実際はこんな感じ(映画とは異なります)

6月24日が聖ヨハネの祝日ということもあり、キリスト教とも関連があるそうですが、屋外で踊ったり花や緑を飾ったりと、土着の信仰から来ているイメージがありますね。

ロケはスウェーデンじゃなかった!

ストーリーの舞台はスウェーデン(ストックホルムのアーランダ空港から、車で4時間くらいの場所らしい)ですが、公式サイトによると、実際は予算の関係でハンガリーのブダペストで撮影されたそう。

北欧の物価の高さは有名ですもんね。しかし、ブタペストって首都なのに、こんな長閑な場所が残っているんでしょうか。ちょっと行ってみたくなりました!

キャスト解説または「よくこの仕事受けたなジャック・レイノー!」という叫び

主役のカップル、ダニーとクリスチャンの熱演は素晴らしかったですね。

ダニー役はフローレンス・ピュー。1996年生まれのイギリス人女優です。

代表作は『レディ・マクベス』や『ストーリー・オブ・マイライフ 私の若草物語(Little Women)』。

シアーシャ・ローナンやエマ・ワトソンと一緒に、4姉妹の末っ子エイミーを演じています。

2020年公開予定(コロナのため延期)のアベンジャーズ最新作『ブラック・ウィドウ』では、スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフの’妹’、エレーナ役に抜擢されました。

ゴッサム・インディペンデント映画賞の主演女優賞にもノミネートされたそうです!

ちょっと情けないけど、妙にリアリティのある彼氏・クリスチャン役はジャック・レイノー

アメリカとアイルランドで活躍する男優さんで、『トランスフォーマー/ロストエイジ』などに出演しています。

しかし今回は、演技が体当たりすぎて「よくこのオファー受けたね…!」と感心するような、呆れるような気持ちです(^^;)。

また、現地コミュニティの赤毛の少女、マヤを演じたイザベラ・グリルも印象的でした。

セリフは少ないのに、眼力がすごくてミステリアスな魅力があります。最後に華やかな刺繍のあるドレスで、晴れやかな表情で登場した時の美しさも良かったです。

怖いのは闇より光、夜より昼という真実

ラストまで観た人はみんな、ダニーのその後を想像してしまいますよね…?

彼女はこれから、新しい家族を手に入れ、コミュニティの一員として幸せになるのでしょうか?

または、やはり部外者として排除される日がくるのでしょうか?

その際もきっと、白昼の明るい日差しの中で、あっけらかんと行われるのでしょうね…。

現実的なことを言えば、90年前ならいざ知らず、現代のアメリカやイギリスの親たちが「消えた学生の子どもたち」を放っておくはずもなく、コミュニティに捜査の手が延びて崩壊することも考えられます。

その場合、この映画には「消えゆく異文化へのオマージュ」という顔も出てくるかもしれません。

まあそんな蛇足な想像は置いといて、これから見る人は、ぜひこのジワジワくる「明るい怖さ」を楽しんでくださいね!

スポンサードリンク